#体毛カワイイ

Description
竹中香子ミーティング演劇vol.1 ワーク・イン・プログレス
『#体毛カワイイ』

2017年に電車のつり革広告で見つけた「見られるのはイヤだけど、見られないのはもっとイヤ。脱げない自分は、脱ぎ捨てた。」という脱毛サロンのキャッチコピーに衝撃を受け、体毛への興味が高まりました。男性目線を利用した女性を対象とした広告に、嫌悪感よりも、お見事!という声を上げてしまいそうになった。でも、一体、私の体毛ってそもそも誰のもの?

日本社会に蔓延る体毛にまつわる「暗黙のルール」に縛られず、自分だけの「体毛感」を得るためには、まず、勉強が必要。
思春期のモテ・非モテ、親との葛藤、一夜限りの関係、美女との温泉体験、フランスのナチュラル志向、そして、自身の結婚まで、体毛という観点から再思考してみました。体毛のあり・なし、を問うのではなく、体毛への多様な視点が飛び交う民主的空間をつくりたい。
というわけで、嫌われものの「体毛」から自由になるための勉強会を企画しました。

ミーティング演劇とは、前半:パフォーマーによる「講演会」+後半:パフォーマーと観客による「会議」で構成される演劇です。もちろん、「会議」での発言は強制ではありません。お茶菓子を用意してお待ちしております。




竹中香子 プロフィール

1987年生まれ。2011年、桜美林大学総合文化学群演劇専修卒業後、渡仏。2013年、日本人としてはじめてフランスの国立高等演劇学校の俳優セクションに合格し、2016年、ディプロマを取得。パリに拠点を戻し、フランス国公立劇場の作品を中心に多数の舞台に出演。2017年より、日本での活動も再開。一人芝居『妖精の問題』(市原佐都子作・演出)では、ニューヨーク公演を果たす。日本では、さまざまな大学で、自身の活動に関する特別講義を行う。日本における「演劇の義務教育化」を目標に、“ダサい”と思われがちな演劇のイメージ払拭に努める。【HP】https://mill-co-run.com


藤田一樹(助手) プロフィール

1991年生まれ。平田オリザ率いる劇団青年団の演出部に在籍後、2015年渡仏。アンジェ国立現代舞踊センターに付属する国立高等現代舞踊学校に合格し、2018年、ディプロマを取得。ジェローム・ベル、ジョナタン・カプドゥヴィエル、フィリップ・ドゥクフレらの作品に出演。2016年からはキム・キドの創作活動に中心メンバーとして参加。2018年、彼との共作デュオをソウル・シンチョン劇場にて発表。現在はアナ・リタ・テオドロ(フランス国立ダンスセンター・アソシエイトアーティスト)の新作に出演中。
【HP】https://kazukifujita.tumblr.com/


日時

2019/04/27  OPEN 18:30 START 19:00
2019/04/28  OPEN 18:30 START 19:00



会場

リトルトーキョー



参加費

500円+1ドリンク制




Updates
  • タイトル は #体毛カワイイ に変更されました。 Orig#423054 2019-04-03 01:00:59
Apr 27 - Apr 28, 2019
[ Sat ] - [ Sun ]
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
500円(+1ドリンク制) ON HOLD
4月27日の回 500円(+1ドリンク制)
4月28日の回 500円(+1ドリンク制)
Venue Address
江東区三好1丁目7−14 リトル トーキョー Japan
Organizer
竹中香子ミーティング演劇
9 Followers